LINEの既読がない女を好きにさせる方法

男性向け恋愛LINE術

LINEで悩んでいる男性の恋愛応援サイトです。

LINEのやりとりを続かせるための基本中の基本

読了までの目安時間:約 6分
8位のブログが参考になりました⇒


LINEのやりとりだけで女性の好意を
上げていくために大切なこと。


僕にとっては、基本であり、
あなたにとっては、今後軸となるお話です。


女性の好意をあげるためには
大きく分けて、3つの段階があります。


  • 共感
  • 教育
  • 告白



  • 共感というのは、女性に自分の楽しさだったり、
    癒しを提供すること。



    簡単に言うと、
    興味を持たれるようにする内容を送ることが
    共感の段階になります。



    そして、教育というのは、
    自分の価値を伝えることです。



    よく、連絡を取っていて
    パタッと連絡をやめるという
    テクニックがあると思いますが、
    こういうのは、教育の段階ですることなんです。




    勘違いしている人は、これを共感の段階でやってしまい

    「あれ?連絡をやめても全く振り向いてくれないぞ><」

    ということになりがちです。



    そして、告白というのは、文字通り、
    自分の好意を伝えて、
    女性に好きになってもらう段階にすることです。




    LINEだけで女性を口説ける男からしたら
    常識レベルの基本なのですが、
    LINEで失敗する方ほど、この流れを理解できていません。



    あなたがまだ、LINEが苦手という自覚があるなら、最初は、
    とにかく共感を極めることを徹底されると良いです。



    結局、共感がしっかりできていなければ
    教育も告白もしてはいけないからです。



    そして、共感が上手になれば、
    それだけで、デート出来る関係になることが
    できることもあったりしますので、


    まずは、共感スキルを集中して磨かれると良いと思います。



    よくあるのが、2度3度ほど
    女性から反応の良さげな返事がきた時に
    教育に移ろうと口説いてしまうパターンです。



    正直、僕もこのパターンで
    失敗したことが何回もあります。




    基本的に、LINEで楽しいやりとりをすることに
    慣れていないうちは、教育に移るタイミングは
    分からないものだと思ってください。





    ですから、最初に共感を徹底して欲しいんですね。




    ただ、一応目安をお伝えしておくと、
    教育に移るタイミングが分からない時は、



    女性とやりとりをしていると、

    「このタイミングなら、デートに誘えそうだな」

    「このタイミングなら、口説いても良いかもしれないな」


    と思う時が来ると思うのですが
    そういうタイミングではあえて、
    口説いたり、誘ったりはしないようにします。




    自分に対しても、女性に対しても
    焦らすイメージを持つと良いですよ。




    なぜなら、普通の男は、大体、



    「このタイミングなら、デートに誘えそうだな」

    「このタイミングなら、口説いても良いかもしれないな」


    と思う時が来た時に
    デートに誘うことが多いからです。




    女性もやりとりをしていたら、

    「そろそろ誘われるかな」

    と感づいています。



    ですので、あえて誘わないことで
    他の男たちとの差別化になります。




    また、共感から教育に移るタイミングが
    分からない時に、無防備に誘ってしまうと、



    「デートはまだ早いかな」



    と女性が思っている時に
    誘ってしまうこともあるわけですが、
    自分を焦らすことでそういう自体も防ぐことができます。




    そして、共感スキルの磨き方のコツも
    お伝えしておくと、



    女性が好きな話題を出してきて、
    自分が詳しくない分野の話題になることって
    あると思います。



    そういう時にどれだけ盛り上げられるか?



    すごく大切になってきます。




    自分も詳しい話題だったり、
    色々な女性とよくする話題であれば
    ある程度盛り上がるのは当たり前なんです。




    会話の流れもなんとなくイメージできるからです。




    ですが、自分の詳しくない分野だと
    先の展開が読めないですよね。




    だからこそ、こういう時に
    盛り上げる努力をする癖をつけておくと
    どんな話題であっても盛り上げられるようになるんです。




    以前からお話していますが、
    LINEをする相手を複数作ることは
    非常に大切です。




    なぜ、なら今日お話したことを
    実践するためには、どうしても
    練習の相手が必要だからです。




    本命の女性と出会った時には、
    どんな話題でも盛り上げられるようになっておくために
    今から、練習することが大切なんですね。



    さて、今日の話をまとめると、

    ・最初は共感だけを意識すること
    ・教育に移れそうなタイミングがあっても、あえて焦らす
    ・自分の詳しくない話題は他の話題よりも盛り上げることを意識する


    です。



    応援クリックお願いします⇒

     

    この記事に関連する記事一覧

    コメントフォーム

    名前  

     

    メールアドレス  

     

    URL  

     

    コメント

    トラックバックURL: 

    なぜ、LINEの返事がないのか知りたくないですか?

    メルマガ登録
    ブログではお伝えしていない恋愛ノウハウをこっそり教えています。
    *メールアドレス
    *上記のアドレスでよろしいですか?
    間違いなければこちらにチェックを入れてください。

    カテゴリー
    今月の人気記事ランキング
    アーカイブ
    最近の投稿
    オススメ講座
    モテる男の恋愛学
    出会えるおススメサイト